【 田子弁 】 たっちょまいり


薮田家の墓2

薮田家の墓2

【 たっちょまいり 】

■ 意味

塔頭(たっちゅう)参り
8 月 13 日、お盆にお墓参りすること

■ 使いかた

  • 「 たっちょまいり行くだんて、はいくあいかっしゃい 」
  • ( お墓参りに行くから、早く出かけなさい )

■ 解説

「 たっちょ 」 は、「 塔頭 (たっちゅう) 」 が訛ったもので、「 たっちょまいり 」 で 「 塔頭参り 」 になります。「 塔頭 」 には以下のような意味があります。

塔頭(たっちゅう)は、本来、禅寺で、祖師や大寺・名刹の高僧の死後、その弟子が師の徳を慕って、塔(祖師や高僧の墓塔)の頭(ほとり)、または、その敷地内に建てた小院である。それから転じて、寺院の敷地内にある、高僧が隠退後に住した子院のことも塔頭と呼ぶようになった。 Wikipedia – 塔頭 – より

 塔頭とは本来、高僧の墓塔を指すわけで、我が家のような市井の人間の墓を塔頭と呼んでいたわけではなく、多分、自分の家の墓参りと同時に、寺院にある塔頭にも参っていたことから、こう呼ぶようになったのでしょう。私が幼い頃には、本堂をはじめとして、戦没者のお墓や親戚のお墓、六地蔵などにもお参りをしていました。