Amazon のレビュー

 一応、著述業なんていうものをやっている関係で、Amazon には少なからずお世話になってます。で、新しい本を上梓したりすると、以前は書店に行って自著が並んでいるのを見つけては安心したりしていたわけですが、ここ数年は書店じゃなくて Amazon を見に行ってランキングに一喜一憂しているわけです。

 んで、Amazon には読者が書くレビューというのがありまして、これがまぁ、また、一喜一憂の原因を作ってくれるわけです。褒められれば文句なしに嬉しいし、貶されれば腹も立つし、反省もする。しかし、最近は、どう考えても読んでないだろうって人がレビューを書き込んでいる気がして、ちょっと嫌になっています。

 

 別に、自著を貶されたことだけで腹を立てているわけではないんです。星一つにされたことが嫌なわけでもないんです。著作物はなんであれ、すべての人に一様に評価されるわけじゃないので、高評価の人もいれば低評価の人もいていいわけです。いずれにしても、その著作物に本当に触れた上での評価であれば、私はその評価を真摯に受け止めようと思うわけです。しかし、どうもそうとは思えない人が最近になって書き込みしていると感じています。なぜなら、本にちゃんと書いてあることなのに、書いていない、触れていないと評価されている。そして、そうした読んでいないのに低評価をつける人は、私の著書しかレビューをしていない。これっておかしくないですかね? レビューを書く人の気持ちがすべてわかるわけじゃぁないけれど、一冊だけレビューをつけるのって不思議な感じがします。

 出版業界もほかの業界の例に洩れず、生き馬の目を抜く業界です。出版社自体の名前を伏せてレビューを書けるのであれば、他社の本を貶し、自社の本を褒めあげる。これは著者も同じです。

 私はそういう自作自演的な行為をやったことがありません。もちろんこれからもやるつもりは毛頭ありません。他人の著書を貶し、自著を褒めあげるなんて、人間として恥ずかしいし、第一めんどくさい。そんなことをしてまで売上を伸ばすパワーがあるなら、新しい本の企画に精を出した方がどれだけ生産的か。

 どこの出版社とは言いませんが、私の大嫌いな IT 系出版社は、こういうことを平気でします。実際何度かその出版社の仕事を請けたことがあるけれど、編集者の質も悪いし、本の質も悪いので以来二度と請けていません。でもその出版社の本は売れてるんです。リアルでも売れてるようだし、Amazon の私の本のカテゴリーでもいつも5位以内につけています。

 勝てば官軍とはいいますが、こうした手法で売上を伸ばしていたら、いずれ業界自体が腐っていくことでしょう。まぁもうすでに腐っていると言ってもいいでしょうけど。

 出版業界についてはもっと書きたいけど、午前4時を過ぎて、もう眠くなってしまいました。また書きます。出版業界から締め出されてもいいから、本当のことを書いていきたいと思います。

 
 

出版社と書店は
いかにして消えていくか
四畳半出版社で稼ごう!
資金50万円
出版社と書店はいかにして消えていくか
四畳半出版社で稼ごう!―資金50万円